今度はTwitterを利用することにしました。
匿名性も高く完全無料。
しかも、ユーザーが多いですから、優しいパパ探しには最適だと思いました。
援交とは違う、食事だけで、お金くれる人を探すため、つぶやきサービスで募集をすることに。
Twitterユーザーのなかには、裏垢を作るような女の子たちもいます。
これは、エッチな発言をするためです。
エッチなことをつぶやいたり、自分のエッチな写メをツイートしたり。
私の場合は、パパを探すために裏垢を作りました。
お金くれるパパ探しのためです。
ユーザーがたくさんいるのですから、優しくて太っ腹な男性探しには最適だと感じました。
ツイートすることで、大勢の人に見てもらえる。
食事デートしたい男性から、返事がやってくるかもしれません。
華やぐ心持ちで、募集のツイートを開始することに。

 

 ツイートすることで、たくさんリプが飛んできました。
こちらも反応は上々でした。
ユーザーが多いですから、確実に反応があることは予想をしていました。
とはいえ、反響があること自体はとても嬉しく感じます。
ここで知り合ったら、留学費用を何とかできるかもしれないのですから。
リプライやDMを、ときめきを持ちながら読んでいくことになりました。

 

 無料の愛人募集掲示板と同様の気持ちを味わうことになりました。
その多くは、罵詈雑言が並べ立てられていたからです。
この世界では確かにありがち。
そういうことも想定をしてはいました。
ですが、そればかりなのです。
「金が欲しいなら、仕事しろよ!」
「パパ活なんて都市伝説だよ馬鹿」
「セックスさせてくれたら、金だすよ」
この手のリプライが、次から次へとやってきました。
リツイートで拡散され、さらにこのような罵詈雑言がやってきます。
交際クラブに登録を促すような内容のメッセージも入っていました。
まるでデジャヴでした。
無料の掲示板を利用したときと、同じようなパターンなのですから。